ノマドライフブログ!

フリーランスな美容ライターSatoの自由で気ままなノマドライフブログです

あるく・おトク・でんき~タニタ×イーレックスの新電気料金プラン

お題「続けている運動」

お題を回せとブログチャレンジに言われたので
初お題投稿です。


「続けている運動」と出たのですが
正確には「続けなければいけない運動」です。


電気の自由化が始まり、私もその波に乗って
タニタイーレックスが打ち出している
新電気料金プランに乗り換えてみました。

f:id:satostyle:20170423212303j:plain

歩いた分だけ電気代が割引になる!

計測機器の大手メーカーとタニタのグループ企画「タニタヘルスリンク」「イーレックス・スパーク・マーケティング株式会社」「兼松株式会社」の3社による、新電気料金プラン「あるく・おトク・でんき」



「あるく・おトク・でんき」タニタ×イーレックスの新電気料金プランとは

「あるく・おトク・でんき」はタニタ活動量計をつけて歩くと
歩いた歩数に応じてポイントがたまり
貯まったポイントに応じて電気代が割引されるサービス。



これまでになかった、健康をテーマにした新しいプランです。



たまたま以前にタニタの「からだカルテ」の会員だったことがあり
サイトでこの情報を見つけ申し込みしてみました。



早期の申し込みをした得点とし
タニタ活動量計が2種類の中から
好きなものをプレゼントされます。


実はもう活動量計も持っていたので
要らないと言えば要らなかったのですが
新しい型番に変わっているかもと遠慮なく貰っておきました。



そもそもこのプランを選んだには訳があり
どの程度歩いていくらの割引になるなどの
詳しい内容を確認せずの申し込み。



私はフリーランスのライターの仕事をしているので
大好きなPCの前で一日中仕事ができ
それはそれは嬉しい限りなのですが…
一日中全く動かない!(笑)



トイレと台所に行くくらいの行動範囲なのです。



週に3日くらい食料品の買い物に出かけるけど
それも近くのスーパーマーケットへ一瞬お邪魔するのみ。



人ごみが苦手なのです。



これではいけないと、タニタの「からだカルテ」というサイトに
歩数イベントなるものがあった事を思い出し
また参加してみようかと覗いてみたところ
このプランを見つけたのです。



プレゼントされた活動量計も届き
契約完了の書類も届いたので
ここでプランを詳しく見てみようと思います。



ポイントのため方

電気代の割引に使える毎月のポイントは、以下の様に計算されます。
①歩数ポイントの合計+②継続ポイント+③データ送信ポイント+④前月差ポイント
  • 歩数ポイント…1,000歩ごとに10ポイント。更に1日の歩数が3,000歩、5,000歩、8,000歩ごとに10ポイントのボーナスポイント
※1日10,000歩までがポイント対象となり、1日の最大ポイントは130ポイントとなります。
  • 継続ポイント…1日5ポイント。継続して歩いた日数に対して付与される。
  • データ送信ポイント…1回10ポイント。1日1回、月25回まで有効。
※データ送信方法は機種にって違い、対応のスマートフォン端末へ送信または、ローソン・ミニストップの店頭端末Loppiから送信、パソコンとリーダライターを繋いで送信になります。
  • 前月差ポイント…500ポイント。前月平均歩数と当月平均歩数の差が1,000歩以上増えると付与される。
※20日以上歩く事を条件都市、前月平均歩数が10,000歩以上は対象外。



歩いた分と言うよりは、毎日継続して前月よりも多く歩くとポイントがたまるという感じ。



歩かないと電気代が安くならないとか
なかなか死活問題なので
自分の健康への課題と言うつもりで
継続して行かなければいけません!



健康管理サービス「からだカルテ」が無料で使える!

私がこのサービスに申し込んだ、もう一つの大きな理由。


それは、タニタの健康管理サービス
「からだカルテ」が無料で使える事です。



からだカルテは、初回は入会金のほか
機器がセットになったコースを選んで
それによって月額料金が決まる有料サイトなのです。



しかしタニタ活動量計と連動して
体重や運動量などをグラフ化でき
ダイエットシュミレーションや目標を立てる事が出来ます。



タニタの食堂レシピが掲載されているので、これもなかなかいい!



私の様なゆるい生活をしている者には
毎日の継続した運動もなかなか難しい。


でも、歩く事によって電気も安くなるとなれば
これはなかなかおススメのプランなのではないでしょうか。


電気代を安くするためと
この引き籠ってるた生活から抜け出すために
歩かなければならない。



さて・・・歩く時間をどこで確保しようかな。